介護の現場が抱える問題点とは?

訪問介護であれ、特別養護老人ホームでの勤務であれ、介護の仕事を続けていれば次第にストレスが溜まってくるものです。その要因は数多くありますが、代表的なものとして挙げられるのは、施設利用者やスタッフ間の人間関係の難しさ、給与の低さ、肉体的疲労の大きさといったもの。
介護の仕事は、利用者の声に耳を傾けたり、スタッフ同士の連携を図ったりしながら行いますが、上手くコミュニケーションが取れないと業務に支障が出てきます。そのため、周りに気を使う必要があり、神経質な人は過度のストレスを溜めてしまうのです。また、その様な難しい職場での過酷な仕事であるのにも関わらず、施設によっては人員不足で休暇が取りにくい上に給与が安いという所もあります。利用者のためにも、スタッフのためにも、より良い職場作りは重要であり、各スタッフが定期的にリフレッシュし、仕事に取り組める環境でなければ、不満やストレスは蓄積されていくでしょう。
そこで、ストレスを軽減し、介護の仕事を気持ち良く行うためには、各施設の雰囲気やシフト、休暇取得の実績について知り、問題点は見直す必要があります。また、現在の職場にストレスを感じて転職を視野に入れているのであれば、設備やスタッフの人数をリサーチし、なおかつ利用者のQOLがしっかり確保されている職場を探すようにしましょう。施設内の雰囲気やスタッフと利用者の様子を客観的に見るようにすると、意外と判断できるものです。面接時に現場を統括をしている責任者に、施設の詳細やシフトについて相談してみるのも良いでしょう。ストレスしか感じないところで無理して働く必要はないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です